SuperJunior リョウク溺愛倶楽部
SuperJunior リョウクを追いかけ溺愛する日々を記録するブログ。
カンガンスレとは
今日のりょくくんのツイにあった강강술래 カンガンスレとはなんぞや。ということで調べてみました。


カンガンスレは1966年2月15日、韓国の重要無形文化財第8号と指定されました。
毎年陰暦8月の15日に、きれいに装った婦人たちが数十人ずつ集まり、手に手を握って円形で立ち並んで、’カンガンスレ’というリフレーンのついた歌を歌い、くるくる回りながら飛び回ります。 カンガンスレを歌う時は声の良い女性が中央に立って先唱をし、一同で合唱しながら踊るそうです。


朝鮮半島は昔外国の侵略が多かったので、男性は戦いに行ってしまい、
残った女性たちが寂しさをまぎらわすために踊ったとも言われているそうです。


ということで、今日のアンコールのあと?
みんなでやりましょー!ということでやったみたいですね。




1位とったらやりますって言ってたようですね。

日本でいったらマイムマイムみたいな?(笑)

それにしても、スジュらしいな、なんか。
ベテランアイドルがみんなでカンガンスレやりましょー!とか。

彼らがどこにいっても年上にも年下にも共演者に好かれるわけがわかる気がする。



出典:韓国語を楽しく学習
誕生日とわかめスープ 
韓国では必ず「誕生日にはわかめスープを食べる」って言いますよね。

昨日のりょくくんオンマからのメッセージにも「わかめスープを作ってあげられなくて・・・」という部分がありました。

誕生日にわかめスープの理由を紹介したいと思います。

赤ちゃんを妊娠中、出産後のお母さんは鉄分やミネラルが豊富であるわかめをたくさん食べます。
また、出産後3週間ほどを過ぎたころ、100日目を迎えたときにも牛肉の入ったわかめスープを食べてお祝いをするそうです。
日々の生活でも出産後はお乳の出を良くするために、がんばってわかめを食べるそうです。

毎年わかめスープを食べることは、もちろん古くからの習慣ということもありますが、自分を産んでくれたお母さんへの感謝の気持ちを持つという意味あいが強いようですね。
そして母親はその子供を産んだときの気持ちを忘れないため・・・。

家族の絆、特に母親と子供の結びつきが強い韓国ならではの、素敵な習慣ですよね。


私も今日はりょくくんへのお祝いとりょくオンマへの感謝の気持ちをこめて、
わかめスープを飲みましたー!

りょくくんちゅかへーーー!←何回目w



韓国語のことわざ
TOPIKの中級試験に必ず出てくる『ことわざ』

たくさんあるから覚えるのはもちろん大変なんだけれど、
日本のことわざと照らし合わせるとすごい面白い!!

お勉強でこちらにメモとして残しておきます。


〜動物編〜

낮말은 새가 듣고 밤말은 쥐가 듣는다
昼の話は鳥が聞いていて、夜の話はネズミが聞いている。
(壁に耳あり、障子に目あり)

범에게 날개
虎に翼 (鬼に金棒)

쇠귀에 경 읽기
牛の耳に経を読む (馬の耳に念仏)

새발의 피
鳥の足の血 (雀の涙)


개천에서 용 난다 
どぶから龍がでる。(鳶が鷹を生む)


꿩 먹고 알 먹는다
キジを食べてその卵も食べる (一挙両得)



소 잃고 외양간 고친다
牛を失ってから、牛小屋を作る (後の祭り)


고래 싸움에 새우 등 터진다
クジラの喧嘩でエビの背中が裂ける (とばっちりを受けること)


가재는 게 편이다
ザリガニはカニの味方だ (似た者同士は肩をもつ)


개구리 올챙이 적 생각을 못한다
帰るはオタマジャクシのころのことを忘れてしまう (初心忘れるべからず)


〜驚き!!編〜

누워서 떡 먹기
寝転んで餅を食べる (朝飯前)

식은 죽 먹기
冷めたお粥を食べる (朝飯前)

세 살 적 버릇이 여든까지 간다
三歳の時の癖は80歳まで続く (三つ子の魂100まで)


하늘의 별따기 
空の星摘み (不可能に近いこと)

옷이 날개다
服が翼だ (馬子にも衣装)

설마가 사람 죽인다
『まさか!』が人を殺す (油断大敵)


남의 밥에 든 콩이 굵어 보인다
他の人のごはんに入っている豆は粒が大きく見える (隣の芝は青い)

콩을 팥이라 해도 곧이 듣는다
大豆を小豆といっても真に受ける (ひとの言葉を鵜呑みにする)

콩 심은 데 콩 나고 팥 심은 데 팥 난다
大豆を植えたら大豆が、小豆を植えたら小豆が出てくる
(結果には必ず原因がある)

韓国人は豆が好きなのかな。。。



제 눈에 안경
自分の目にめがね  (あばたにえくぼ)

믿는 도끼에 제 발등 찍힌다
信じてた斧に足を切られる (飼い犬に手をかまれる)

い、痛い!!


수박 겉 핥기
スイカの皮をなめる (うわべだけの浅はかなおこない)
→一夜漬けでテストを乗り切ろうとすると、この言葉で親に怒られる!と韓国人の後輩から教えてもらいましたww

한강에 돌 던지기
漢江に石投げ (のれんに腕おし)



他にもたくさんあるけど、すごく感覚に違いがあるなぁと思ったものだけ。
こうやってまとめてみると、楽しいし、面白い。

虎が妻をめとると雨が降る?
昨日のりょくちゃんのツイの一節

갑자기 비오네... 호랑이 장가가나

突然雨が降ってきて…虎が妻をめとるのかな

あーきた、これ、韓国のことわざだ!
と興奮したわたし。
しかし興奮したのも束の間、眠すぎてダウン。

お天気雨、通り雨のことを日本では狐の嫁入り、というそうです。
し、しらなかった(;´_ゝ`)

予想もつかないような、奇妙なことが起きると狐にばかされている、ということで。

それを韓国では虎が妻をめとるというんですね!
ほかの国では同じように、鼠とかジャッカルとかが使われるそうで。

なるほどねー!
りょくちゃんのおかげでまたひとつお勉強になりました。


後ろ姿萌えシリーズ。くくく
開天節 131003
昨日10/3は韓国では祝日だったんですね。
開天節と呼ばれるこの日はいわゆる建国記念日にあたります。

この日は朝鮮民族の始祖とされ ている伝説上の人物、檀君が古朝鮮を建国したことを記念 する日として1949年に制定されました。
この建国にまつわる檀君神話と呼ばれるお話があります。

昔々、天地をつかさどる神が自分の息子を地上に遣わしま した。
息子、桓雄(ファンウン)が地上に降り人々を治める ようになったある日、熊と虎が「お願いです。私たちをど うか人間にして下さい」と桓雄にお願いに来ました。桓雄 は、「では、ヨモギ1束とニンニク20個を授けよう。これ を食べながら、100日間日光を避けて洞窟にこもりなさ い。そうすれば人間になれるであろう」と言いました。

熊と虎は早速洞窟に入りましたが、虎は我慢できずにすぐ に逃げ出してしまいました。
しかし熊は辛抱強く洞窟にこ もり続け、ついに21日目に美しい人間の女性に変わること ができました。そして、女性に生まれ変わった熊は、「ど うか子供を授けてください」と熱心に祈り始めます。 その願いを聞いた桓雄は熊女をめとり、2人から男の子が 産まれました。
男の子は檀君(タングン)と名づけられまし た。その後、檀君は国を建て、「朝に鮮やかなる地」とい う意味で国名を「朝鮮」とし、都を平壌(ピョンヤン)に定 めました。



な、なんて強烈な話!この神話をもとに作られたドラマ(ペ・ヨンジュンが出ています)もあるそうで、
大韓民国が制定されたあとも、この建国記念日は重視されて、神話もすごくポピュラーなもののようですね!


さてそんな祝日にスジュメンはそれぞれ活動していたようですね。

ヒチョはラジオ、ウニょはパン屋のお手伝い!!(なんとチングが偶然渡韓していて、ウニょに写真をとってもらっていました!ウニょと、ではなく、ウニょに)

そして、りょくちゃんは部屋の片付け(笑)
引っ越し後の片付けに終わりが見えないりょくちゃん。ふぁいてぃん!!(笑)




☆konestさんから引用させていただきました。