SuperJunior リョウク溺愛倶楽部
SuperJunior リョウクを追いかけ溺愛する日々を記録するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HSM 千秋楽! 130828
ついについに迎えた千秋楽・・・
韓国語では마지막 공영(マジマク コンヨン)=最後の公演 略してマッコンといいます。


みんくんがきた!







この日の相手役はルナだったのですが、体調不良で、2部からチョアちゃんが登場。



チョアちゃんってぜっっっっっっっっっっっっったいリョウギのタイプだと思う。
チョアちゃんがガブリエラの日1回だけ見たけど、
それはもう、もう、超ミラクルウルトラ級に可愛かったんですよ。
ほっそくて、ちいさくて、可愛くて、これは、生まれ変わっても勝てないなと(笑)
可愛いこはたくさんいるけど、その中でもこれはタイプだな!と思って、
勝手に勘ぐって勝手に嫉妬して、妄想してましたWWW







こちら、超ハイパー高画質カーテンコール動画。

ルナ!怒 べたべたするな!!きーーーーーっ!→ただの嫉妬w



そして、集合写真



そして、公演後






なんか、達成感からなのか、ただの疲れなのか、笑顔が少ない気がするうりりょうぎ。

とりあえず今日ボラあって、明日はリリイベだ!!!
わたしは夜参加なのですが、お会いできそうな方もしいらっしゃったらうれしいです!

↓そのあとシュキラで鬼のようにかわいいりょうぎ。
スポンサーサイト
HSM ポッポ騒動の真実 130818
さて、先日お伝えしたポッポ騒動ですが、わたし誤報してしまいました。

ガブリエラとのキスシーンで、ルナと、と思ってたのですが!
よくよくみたら、金髪!



ここから下、衝撃を抑えるため画像が小さくなっておりますw→うそw

この日、シャーペイ役のリンジが最終日。




お疲れさま!りんじ!



ってことで!がばっっ



ええええええええ!ルナもびっくり(笑)



どーーーーん。

というとこが真相かと。
髪の毛の感じもガブリエラじゃないし。


つまり、無駄なガバチュー→がばっとチューすること。いま作った(笑)




終わったあと、こんなにかわいくても、許してやんないっっ!
HSM 130808 番外編 出待ち
ミュージカルが終わったあと、出待ちを試みたわたし。

しかし、一向にでてこない。
真夏の駐車場、暑い。
大量のペン。

しばらく立ってボルトンパパがでてきた!

「りょうがは出てこないよー」

え?!それってどういうこと?
もう別のとこから出て帰ってしまったという意味か、まだまだ出てこないよーなのか。

どっちよーーーー!?

結局あきらめずに待ってたら、なんと!
ぴょこっとでてきた!

諦めてたからちょっとびっくりして、
写真もかなりふるえる(笑)






とにかく数秒間。
このあと、別の出口から帰ってしまったようで。
かわいかったなぁ。
おじぎが可愛いんだよなぁ。
HSM 130808
やってきました、四回目。
今日で最後…涙。そして今日が一番いい席。
2列目!しかも場所は舞台向かって右側。
ここは右側にきて歌うときやセリフいう場所の目の前。

前に来たとき、位置確認してあったけど、実際座るとガクブル。

ちょうど2列目、3列目あたりに目線がね、くるわけです。やばすなんです。
しかも真ん前ですから、目があう!→思い込みでもいい!
汗が肉眼でみえる!腕の毛が処理されててツルツルなのもみえる(笑)

というわけで、ガクブルのなか、なんとかとった写真。




そして、目の前でダンサーがバクテンをして目を見開いておどろくりょくちゃん。






舌ぺろっ



チュウーーー


この表情すごくすき






この笑顔みたら、すべてが洗われる気がしました。

好きすぎて言葉がでてこないよ。

りょくちゃん、ありがとう。
HSM 130720-21
ハイスクールミュージカルついについに見に来ました!!

発表があってからこの日のために生きてきたといっても過言ではありませぬ。




駅からでるとすぐに劇場です。
次々と看板が繰り出されて、もう興奮死にそうです。



チケット売場の横にもどーんと。

そしてこんなものもあります。



りょうぎと記念撮影できます。
ほんとはもっと面白いことやりたかったけど、知らないひとにとってもらったので断念(笑)


内容は、わたしが想像してたのよりも何百倍もよかったです!!

これから見る方もいると思うのでストーリーのネタバレはしませんが、

とにかく、うりりょうぎ、歌がかんぺきです!!

他の役者さんもみなさん若い方ですが、とにかくエネルギッシュ!!

今回バスケ部のキャプテンという役柄上、ボールを使って踊って歌うシーンもあるので、
それはそれは心配していました、わたし。

だって究極の運痴じゃないですか、りょくくん。

でも、ちゃんとできてました。

確かに、もっとできるひとがやったらかっこよくできるんだろうけど、

あくまでミュージカルの劇中パフォーマンスと考えたらぜんっぜん合格ラインだと私は思いました。
あそこまでできるようになるまで、どれだけ練習したんだろうと思ったら涙がでそうでした。

普段だったら、すごく広い会場で聞くりょくくんの声。

すごく狭いところで、彼の表情がしっかり見えて、透き通った声がダイレクトに飛んできて、
間違いなく今まででいっっちばんステキでした。
私はりょくちゃんには厳しいけど、本当に輝いていて、
あぁ、やっぱり、彼は歌うために生まれてきたんだって、確信しました。

全く悲しいストーリーじゃないのに、涙がボロボロでました…

とにかく、みーんなに見てほしいぐらい、ステキなミュージカルでした。
忘れてはいけないことを思い出させてくれるような。



プレビュー1枚だけ。

21日昼の公演、ご両親がきてました。

情報をきいて、キョロキョロしたらわたしのななめうしろに!
念のため、おととしのチェジュ島旅行の写真で確認したけど、やはりそうっぽい。

近くでご両親が見てると思ったら、緊張しました(笑)
帰りに目の前をお父さんが歩いてて、また緊張(笑)

くく。
さぁ、今回最後の公演始まりますっっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。