SuperJunior リョウク溺愛倶楽部
SuperJunior リョウクを追いかけ溺愛する日々を記録するブログ。
This is love リョウクブックレット訳 まとめ 2
イトゥク  

笑顔が可愛い23歳のイトゥク 40歳越えても50歳越えても・・ずっと変わらないと思う!

ラジオDJを5年務めて、軍隊に行く前に僕にマイクを渡してくれて・・・
僕はその時、ひょんが帰ってくる時までだけ持ちこたえようと・・・
実はラジオは好きだけど、毎日やるということは・・

それで、ソンミニひょんがやめて・・僕までやめたら、
5年ちょっと守ってきたラジオなのに、なくなっちゃうというのは本当に申し訳なかったから、
主人の意識もなくそんな感じで1日1日リスナーとお会いしていたその頃。
トゥギひょんがこう言ったんだ。
「りょうが、本当に上手だなぁ。いいぞ、これからも一所懸命がんばれ」

ほんとにたくさん泣いて・・だからひょんが除隊しても、さらに時間が経った今も
僕は続けていられるんだと思う。すべてに感謝して特にトゥギひょんに感謝してる。

たくさんのことがあったけど、SUPER JUNIORはリーダー・トゥギひょんがいたから、
奇跡が生まれたんだと思う・・・ほんとに・・・

疲れ果てないように・・・いつも幸せでいられますように。

********************

(トゥギとドンへのベッドの間に布団をしいている、という絵)

トゥギひょんとドンへひょんの部屋を使った時、僕はその間で寝てた。
でもひょんたちの話がすごく面白くておしゃべりして・・寝て?・・・いや、
くく、それを繰り返してるうちに眠りについてたんだ。


キュヒョン

手も足も、ほんとにすらっと細長い~
(僕がこの足コンセプトを思いついたのもキュヒョニの足のおかげで!
本人は・・別に・・・ってそんな感じ・・・
(でも手には大きいメリットを感じてるのか、部位別撮影で手を選択!)
とにかくうらやましぎゅ~

KRY(ケイアールワイ)
SUPER JUNIOR初ユニット
バラードグループ
キュヒョン、リョウク、イェソン
↑こいつの話をちょっとしてみようか。


スジュ内にボーカルが3人。
僕はどうしてこんなにできないのか、自分をたくさん責めた。
練習室で泣いて、たくさん泣いて・・
H.I.Tという歌を練習していたときのことだったと思う。
歌の練習しながら、僕はどうしてこんなに声が細いのか・・
僕はどうしてイェソンひょんやキュヒョニのようにできないのか・・
泣いてたら警備員のおじさんが大丈夫?って聞いてくれたっけ・・涙
本当にたくさん刺激を与えてくれて、10年近く僕が成長することができている理由は
うちのメンバーのおかげだって思う。
だから言うけど・・イェソンひょんとキュヒョニは本当にうまいんだ^^


88年生まれキュヒョン
スジュの末っ子~僕は87年生まれなのに同い年の友達だって、僕にタメ口、
しかも僕はマンネのタイトルを奪われちゃって・・・怒
大丈夫・・愛だ くく 

よくやりあう関係のキュヒョニと僕は旅行も一緒に行ったんだぎゅ!

2010年 イタリア (リョウク、キュヒョン、ウニョク、ドンヘ、イトゥク)
2011年 両親とチェジュ島旅行
2012年 ギリシャ(リョウク、キュヒョン、ウニョク)
2013年 ドイツ(リョウク、キュヒョン、D&E)
2014年 たぶん・・・リョ、ウン、ドン、トゥク くく キュヒョニはチャンミンとくっついちゃったんだ(涙)

旅行をしながら思うのは、キュヒョニは結婚したらいいだろうなってこと。
計画もよく立てて、だけど生真面目ってわけじゃなくて・・即興的でおもしろくて~
女の子はそういうの好きじゃない?
緻密で(?)致命的(?)な男だってことだよ。


キュヒョンの第一印象
2005年夏、CHIN CHIN歌謡祭で初めて見かけたんだ。
僕は前年度の受賞者で、キュヒョニは参加者で・・
制服を着た映像を見て、「あぁかっこいいじゃん」って思った。
SMと僕が先に契約して、SUPER JUNIOR活動をして、キュヒョニの存在も忘れてたんだけど、
そしたら「おまえたちのメンバーだ」と報告を受けて。
僕はうれしかったか、そうじゃなかっただろうか?くくく
今まで仲良く過ごしてきたもんね~そんな風に言ってみただけだよ(^^;)


ドンへ

ドンへの話

初めて見たのは2005年、ドンへひょんは今の二の腕とはまったく違うスリムな姿だった!
(実は初めて見たドンへひょんはスマイルという不運のチームの写真で初めて見て・・・
本当にきれいで、かっこいいと思ったんだ。どちらにしてもsmに入る前のことと記憶。)



なんでこんなに遅いんだ…
部位別撮影の選択過程で一番遅く喉仏を選択→ソンミンと正反対である

……続けて話してみよう

なんでこんなに遅いんだ 2
いや、はっきり起きてたのに…眠りから覚めたのに、起きなかったのか?いや、起きれなかったのか。
ぐずぐず・・・ぐ・・・ず・・・ぐ・・・ず・・・
完全に朝遅れるトップ2。1位キュヒョン、2位ドンへ。一応2位だけどね、それでも。くく。

でもいつからか変わったんだ・・・
D&E準備してる時からだろうか・・日本コンサート22回しながら、たくさんのことを感じたのだろうか。
はっきり変わったんだ。
7集活動をしながら一番はじめに準備(ヘアとメイクアップ)する姿がよく出没・・
長く見てるとこんな日もくるんだなぁと思って・・・

二の腕のたくましさほど、メンバーたちを想う気持ちもあふれていて・・・
メンバー愛1位、ペン愛1位、何でも1位。
僕はひょんから本当に学ぶことが多い・・・
一緒に話しながら、知るようになった事実なんだけど・・
”この人は話がうまい”
考えが深くて・・信念もあって・・粘り強い人・・・
自分が愛を受ける方法をよく分かってて、そして愛をたくさん与えてくれる・・
ドンへひょんはそんな人なんだ・・




なんだか読んでて涙が出そうだった。
ただ、やさしい、とか、チームのためにがんばってる、とかじゃなくて、
たくさんの言葉とエピソードで自分が受けた愛を表現するりょくくん。


その言葉の中には、喜び、羨み、悲しみ、尊敬、同調…色々な感情が詰まってるだろうけど、

でも、そのすべてをひっくるめて、
"愛" なんだなーって思った。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック