SuperJunior リョウク溺愛倶楽部
SuperJunior リョウクを追いかけ溺愛する日々を記録するブログ。
도로시 (Dorothy) 歌詞 日本語訳
내 손을 놓고 다른 꿈을 꾸나요
僕の手を離して他の夢をみるのかな

더 높이 있는 행복을 올려다보나요
もっと高いところにある幸せを見上げているのかな

평온했던 우리 사이 시기해
平穏だった僕たちを妬んで

회오리가 그댈 삼킨 것 같아
竜巻が君を呑み込んでしまったようだ。

밤낮없이 난 잠 못 이루는데
昼も夜もなく僕は眠れないのに・・

나 없이 혼자 길을 잃진 않을까
僕なしで一人道に迷ってないだろうか

입술만 뜯다 울고 있진 않을까
唇をかみしめて泣いていないだろうか

시계바늘 돌려 세상을 바꿔도
時計の針を回して世界を変えても

그댈 품은 맘 변하지 않는데
君の心は変わらないのに・・

나의 사랑 나의 하늘 나의 도로시
僕の愛、僕の空、僕のドロシー

이제 그만 낯선 여행 끝내요
もうこれぐらいで慣れない旅は終わりにしよう

그림 같던 추억이 얼룩지기 전에
絵のようなきれいな想い出がまだらになる前に

내 눈물 타고 되돌아와줘요
僕の涙に乗って帰ってきてください



말도 안 되는 소문은 믿지 않죠
でたらめなウワサは信じないよ

두 눈 멀도록 내가 그대만 잘 아니까
目が見えなくなってしまっても、僕は君のことだけは分かっているから

사랑으로 주문 걸 수 있다면
愛で呪文がかけられるならば

심장의 힘 모아 날아갈 텐데
僕の気持ちを集めて飛んでいって

어디에 있든 데리러 갈 텐데
どこにいても連れにいくのに

겁 없이 너무 멀리사라지진 않을까
恐れることもなくとても遠くにいってしまったのではないか

무심히 나를 잊어가진 않을까
心なく僕を忘れてしまったのではないか

긴 잠에서 깨듯 다시 돌아본다면
長い眠りから覚めて、また振り返ってみると

눈부신 날들 못 져버릴 텐데
眩しかった日々を破り捨ててしまうことなんてできないのに・・

나의 사랑 나의 하늘 나의 도로시
僕の愛、僕の空、僕のドロシー

이제 그만 낯선 여행 끝내요
もうこれぐらいで慣れない旅は終わりにしよう

그림 같던 추억이얼룩지기 전에
絵のようなきれいな想い出がまだらになる前に

내 눈물 타고 되돌아와줘요
僕の涙に乗って帰ってきてください


그대가 못 오면 내가 대신 갈게요
君が来れないなら僕が代わりに行くよ

땅끝이라도 꼭 찾아낼게요
地の果てでも必ず探し出すから・・


우리 그림 같던 추억이 얼룩지기 전에
僕達の絵のようなきれいな想い出がまだらになる前に

내 눈물 타고 돌아와요
僕の涙に乗って帰ってきてください

내게 돌아와 줘요
僕のところに帰ってきてください

Baby
나의 사랑 나의 소원 나의 도로시
僕の愛、僕の願い、僕のドロシー

떠날 용기로 날 더 욕심 내요
離れる勇気を持って僕をもっと求めて

(영원히 살 수 있죠)
永遠に生きていられるでしょう

그대 하나 영원히 쉴 수 있는 그 곳
君がひとり永遠に休むことができるその場所

나의 가슴이 그대의 집이죠
僕の胸が君の家だよ

돌아와줘요 그대
帰ってきてください・・・愛しい君


***************************

飼い犬のトトがいじめられたことを親に相手にしてもらえず、ぷんすかして家出しようとしていた少女ドロシーが、家ごと竜巻に呑み込まれてオズの国に飛ばされてしまう。
脳みそを欲しがる案山子、心をほしがるブリキ、臆病者のライオンを助け、
(人として大切なものを補完していったんですね)最後は家に帰りたいと願い、魔法の靴で元の世界に戻る、

というオズの魔法使いをモチーフにしたこの曲。

去ってしまった恋人をドロシーとすると、この恋人は自分の意思で去って行ったのかな。
近くにいる時は気付かなくて、離れて初めて分かったっていうことなんだろうな。
なんだかいろんな風にもとれるこの歌に、最初に聞いた時から心を奪われて、涙が止まりませんでした。

もっと考えると、いつ消えてしまうか分からないアイドルを愛する私たちの心情のような気もしてしまって。

彼らがいない間、私たちは「ひとり道に迷わずに、唇をかみしめて涙をこらえて」待っていなければいけないし、
常に「離れる勇気を持って、彼らを応援して愛していく」っていうことだから。

そして彼らにしてみれば「時計の針を戻しても私たちペンの心は離れたら戻ってこない」んだもん。

離れる覚悟、離れる勇気、そんなのいつになったら持てるんだろう。
そうやって余裕を持って愛せたらどんなに楽だろう。
この歌を聞くといつも苦しくなるんだ。

どうかスジュとエルプの想い出がまだらにならずに、ずっと続いていきますように。






関連記事
コメント
コメント
実は、KRYコンで1番印象に残ったのがドロシーでした。

唇をかみしめて苦しんでないかな
ひとりで道に迷ってないかな

厳しい世界で生きる彼らに、いつも思うファン心理であり、彼らにもらってばかりだった今までを思うと、これから先、どうしたら、、、という不安が浮かんだり。違う所に行ってみても、やっぱり気になるし。

僕の涙に乗って帰って来てください

なんだか、私自身がよくわからない(・・)
離れるつもりはないけど、どうしたら、伝わるんだろう、なんて、最近よく考えています。

まとまりなくてすみません!
2015/09/18(金) 22:04:50 | URL | もんきち #urbcaBnQ [ 編集 ]
もんきちさんこんにちは〜

そうですね、私もKRYコンで一番気持ちが入ったのがドロシーでした。
いまCDに収録されたのは2012年に彼らが歌ったものですよね。
彼らの歌声って割と完成されちゃってるから、そんなに大きな違いはないとは思うんですけど、でも、気持ちでこんなにも違うんだなーって思いました。

スジュから離れて、舞台から遠ざかって、歌えることの幸せを知った兄さんと、ミュージカルや活動を通して歌うことに対してシビアに、努力しつづけて来たマンネ二人。

そんな三人がまた同じ舞台で一緒に歌うことで、歌詞をもっと噛み締めて切実な歌になりましたよね。

きっとこれからの3年を不安に思う気持ちは3人とも同じで、そんな彼らを見ているといつでも、私には何ができるんだろう、そんな気持ちになりますよね。

でも、たぶん、私達ができるのって、ただ見守ることだけなんです。
これからあと1年ぐらいでみんな行くわけですけど、くれぐれもペンが穏やかな気持ちで見送れるようにしてほしいですね。
長々とすいませんっっ><

2015/09/22(火) 13:33:47 | URL | mai #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック