SuperJunior リョウク溺愛倶楽部
SuperJunior リョウクを追いかけ溺愛する日々を記録するブログ。
Celebrity インタビュー その1
星の王子様、『星の王子様』を歌う



'リョウクの世界'をみているようだ。
演技もDJもしながら初ソロアルバムも出すSUPER JUNIORの才能ある末っ子、デビュー11年目の初ソロアルバムだが、SUPER JUNIORメンバーリョウクと呼んでほしいと話す。


●初ソロアルバムを出すだけじゃなく2016年SM初ソロ歌手となり、感慨深いと思いますがどうですか?

うちの会社でも2006年初ですが、SUPER JUNIORレーベルSJとしても初のアルバムです。
SUPER JUNIORメンバーたちも気を遣いながら発売したアルバムです。長い時間作業したアルバムではないですが、短い時間の中で集中して完成度を高くするように作業しました。
30才になってソロアルバムを出せるという期待もあったけれど、心配も大きかったです。僕が曲を聞いてあまり気に入らないなという気持ちがちょっとでもあるようなら大衆も同じように思うだろうし、僕が気に入るものを作ろうという心でアルバムを準備しました。



●デビュー10年が過ぎました。チーム内でボーカルを担当してるのは知っていましたが、こんなにリョウギが歌がうまいなんて知りませんでした。

始めからバラードをやろうとしてたわけじゃなかったんです。R&Bやロックバラード、バンド性のある歌もいいなと思ったんですけど、初めてのアルバムなのでより大衆性があるバラードを選択しました。そして歌が上手だという称賛の声を聞くたびに嬉しいです。特に放送関係者が称賛してくださると認定を受けたみたいで気分がいいんです。

●ソロ舞台に一人で立つ事に対して恐怖や寂しさはなかったですか?

メンバー達がいないので寂しくはないですけど、恐怖心はあったように思います。今は楽しみながらしています。
デビュー舞台に上がる前は僕に注がれる視線を気にしていました。「どんなにうまくやるのか見てやるか」というような見えない視線がちょっと恐かったんです。
一番意識した人達はなんと言っても歌謡界関係者達ですけど、あるPDは僕のライブを見て音源を落としたと。そしてファンになったと言ってくださったんです。その後は音響に特に気を使ってやってくださったそうなんです。 
そのような言葉を聞くとありがたいし、うまくできたなっていう気持ちになります。

●舞台のために普段から歌の練習をたくさんするんですか?

そんなこともないですよ。かえって喉を大事にする方です。
練習は録音をしながら充分にしましたから。僕が今新人だったら今も歌の練習をしていますけど、もうそれなりにノウハウがあって自分だけのやり方を作り出したんですよ。だから普段は喉をいたわってあまり練習をしません。

つづく
関連記事
コメント
コメント
maiさん、こんにちは(*^^*)
ウクちゃんの歌手としての素晴らしさをたくさんの方が理解して下さるのはすごく嬉しいですよね!
11年目にして初のソロデビュー、私達に見せない不安も抱えて頑張ってきてくれたのだなと思うと、胸が熱くなります。
リョウク、ではなく、SUPER JUNIORのリョウクだとこだわりを持って言うところに本当に愛を感じますし、ウクちゃんが大切にするSJというグループを私ももっと大切にしようと思えます(/∀\*)
素敵な訳をありがとうございます♪続きも楽しみにしております(人´_`)♡
2016/03/03(木) 18:17:57 | URL | samapoyo #- [ 編集 ]
samapoyoさんこんにちはー!
私も"スジュのリョウクに"こだわる所にぐっときます。
普通ならば嫌がる人も多いじゃないですか。
でもスジュはみんなあのチームがホームであるという気持ちが強いし、久しぶりにメンバーにあうと本当に嬉しそうなリョウクにニヤニヤしてしまいます(笑)

リョウクのインタビューは本当に毎回考えさせられることが多いし、訳してて楽しいです!
あと少しで終わりますのでお待ちください(^-^)
2016/03/08(火) 19:37:04 | URL | mai #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック