SuperJunior リョウク溺愛倶楽部
SuperJunior リョウクを追いかけ溺愛する日々を記録するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Celebrity インタビュー訳 その2
万能エンターテイナーという修飾語があっているように思います。いろんな分野で挑戦することは簡単ではないですよね。ミュージカル、演劇、ラジオ、MC、どうしたら全てうまくやれるのか知りたいです。生まれつきの芸能人気質なんですか?

僕は努力派ですよ。見えないとこでも絶えずなにかをしてる感じです。ある日うちの父がこう言ったんです「あれこれしないで一つの分野にしろ!」って。息子が忙しいスケジュールで健康を損ねないか体を心配して言ってくれたんですけどね。
見てる方にはあれこれしながらよく言われるのが「保険をかけてるんじゃないのか?」って。でも僕は僕ができること、お見せできることをぜーんぶお見せしたいだけなんです。たくさんの場所で僕がすることで幸せを感じてもらえるならばどんな分野でも挑戦しようと思います。


今よりもっとうまくやるようになってテレビをつけるとスーパージュニアとして歌を歌っていて、ラジオを合わせるとリョウクの声が聞こえて、ミュージカルを見に行くとリョウクがいるかもですね。
それにスクリーンにも出てくるかもしれないし。



それも悪くないですよね(笑)演技はミュージカルや演劇を通して面白さを感じています。ミュージカルをやってる時に一人の演出家の先生が僕に演技の話をしながら「リョウギ、おまえはまだ足りない部分がある、だけど演技を続けていけば必ずよくなる」という言葉をくださったんです。今までずっと見続けてくださったことがありがたいですし欲も生まれました。





最近ラジオで2回涙を流しましたよね。一回はメンバーのカンインひょんに泣かされ、一回はお便りを読みながら涙を見せました。何がそんなふうに心を動かしたんですか?

アルバム発売を前にしている僕のために、ひたすら僕に集中してくれる人たちのパワーを感じてしまったんです。

内容はどんなものだったんですか?


内容は特別なものではなかったんです。些細な言葉だったのです。「君はできる、うまくやれるよ」そんなような言葉で。僕が自分で感じている足りない部分は自信がないってことなんです。


2015年年末DJ部門で受賞しましたよね。4年通してひたすら続けてきたほどのDJの魅力は何ですか?


ラジオDJは話す職業というよりも聞いて差し上げる職業なんです。教科書や本で学ぶことができない色んなことを学びました。
最初進行を任された時にはちょっと困惑するような瞬間もありました。
全てのお便りとメールメッセージが悩み相談なんです。どう考えてもよく知らない人と話しながら、悩みを解決しなければならないってことで。
それで、いつからかよく聞いてみることにしたら共感することができて、顔を見ない相手なのにお互いに共感することができたんです。
後輩たちにももしもラジオの仕事のオファーが来たら必ず受けろと言いたいです。




つづく

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。