SuperJunior リョウク溺愛倶楽部
SuperJunior リョウクを追いかけ溺愛する日々を記録するブログ。
The Celebrity インタビュー訳 その3
今年30歳です。20代は本当に忙しく激しく生きていたように思います。今もオリンワンジャの姿ですがリョウクの20代はどうだったのか気になります。

20代は自分でもたくさん節制して拘束されていて遊ぶことからも遠ざかっていたと思います。
恋愛も障害になるようでできませんでした。

それは自分の性質ではなくてですか?

僕が模範的であったというよりも自ら統制して拘束していたような感じです。
最近意識せずに子供を見ながら「僕は何でこんなふうに自分自身を縛るのか」と残念になってしまったりしますよ。でもだから今この年齢でも顔に若々しさが残ってるんでしょうね!はは!



カンインは寂しさをペットのチュニャンに慰めてもらってるようですが…リョウクはどんなふうに自分を慰めるのですか?

自分でお尻をペシペシしながら「大丈夫だよ~」ってなぐさめてます。それやると寂しくなくなりますよ。
スケジュールが終わってもまた次のスケジュールで忙しいですしね。

親しい芸能人がたくさんいて"リョライン"があると聞きました。ギュラインに対抗して集めたように感じますけど、リョラインのメンバーは誰がいますか?

BTOBのミニョク、帝国のアイドルヒョンシク、EXO ディオ、VIXXのエン、ケン、INFINITEのLくらいかな?
あ!僕の誕生日の時全員が集まってくれたことがありました。

ギュラインとちがう点を挙げるならば僕達はsmファミリーだけで構成されるのではなく親しい関係だってことです。男同志だけど『愛してる~』と表現する弟もいます。

誕生日にそのメンバー達と会って何をしたんですか?

謙虚で、仕事もうまくやって、かっこいい人達が集まったんです。雰囲気がよくて巻き貝がおいしい店に行ってソジュを飲みましたよ。はは!

軍隊の話をしないわけにはいきません。今年入隊するということでどんな気持ちですか。

メンバー5人が服務中で僕が入隊しても遅いように感じて、存在を忘れられそうで怖かったんです。だから僕と同じこんな考えをできる人達がスジュメンバーの中にいるというだけで慰めになります。
ウニョギひょんは入隊前に『The celebrity』で丸刈りグラビアも撮影してましたけど、それを見ながら「なんでこんなに 騒がしくして入隊するの?」とか思ったりしました(笑)

いざ僕がもうすぐ軍隊に行くと思うとスケジュールももっとこなしたくなって、マネージャーひょんに「これもやろうか?」なんて自分から聞いてみたり。今は時間がもっと大切に感じるようになりました。軍隊の話をしているとすぐに明日の入隊を前にしている人みたいに感じます。

ヒョンたちに対してありがたみがあるようですね。
カントゥクひょんが準備していることがあると言いますが何でしょうか。


詳しくは知らないですけど何か準備してくれてるみたいですよ。サプライズイベントとして期待してほしいって。
でも大したことは期待してないです。
大きいことよりも気持ちが大事じゃないですか。はは!

ソロアルバムで活動してきましたけど、サインするときには『SUPER JUNIORリョウギ』と書きます。挨拶するときも『こんにちはーSUPER JUNIORリョウギです』と言います。一回マネージャーからSUPER JUNIORをとって言うように言われたので『こんにちはーリョウギです』と一回やってみたんですけど、何か寂しくて。
だからもう一度『SUPER JUNIORリョウギです』と言うようにしました。ヒョンたちとSUPER JUNIORは僕にとって力の源なんです。



SUPER JUNIORは名実相符最高級アイドルグループです。またSUPER JUNIORがレーベルSJとして独立したことでSUPER JUNIORとしてどんな変化があるのでしょうか。

僕達が願う方向と意見を出しあいながら、普通とは一味違った成果が降り注ぐと思います。


おわり


ずいぶん今更になってしまったけど、やりはじめたので最後まで。

ソロコンの後だから余計に「ヒョンたちとSUPER JUNIORは僕の力の源だ」ってところで涙がでそうになってしまった。

あぁ、あんなにもいとおしそうな目でひょんたちを見つめるのも、逆にひょん達がまるで小さい妹を守るみたいに抱き寄せたり頭をなでたりするのは、自然なことなんだなって。

SUPER JUNIORのリョウクでいること。

きっとこれが今のりょくちゃんの何よりの願いで生きる糧なんだ。

ラストスパート。全力疾走するりょくちゃんを全力で応援する!!
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック